お気軽税務相談の大阪税理士・吉村眞由美税理士事務所です。

TEL:06-6937-2115
お問い合せ
〒540-0012
大阪市中央区谷町1−4−2
大阪オルガンビル705号
TEL:06-6937-2115
FAX:06-6937-2116
e-mail:
yoshimura@kaishanavi.com
トップページ > サービス内容
サービス内容

税務顧問サ−ビス

@経理事務の指導

どのような帳簿をつけるの? どのように記帳すればいいの? そんな基本から親切丁寧に指導致します。 現金出納帳・銀行勘定帳・得意先元帳・仕入先元帳・ 売掛金管理表・買掛金管理表の作成の基礎を指導致します。

A月次会計データーのチェック

B月次試算表の作成

C源泉所得税の納付書の作成

D決算対策

決算2ケ月前に決算対策を図ります。 節税方法についても詳しくご提案致します。

E決算申告業務

法人税・地方税・消費税の申告を致します。

F予定申告書の作成

G消費税の簡易・原則課税の有利不利判定

簡易・原則課税の有利不利の判定を致します。

H電話又はメールによる随時サポート

日常の税務・会計に関する質問・税務相談はお気軽にして下さい。

I会社訪問

何回と決めずに必要あれば随時訪問致します。

給与計算業務

@計算・記載方法の指導

・源泉所得税・社会保険料・雇用保険料の計算及び 賃金台帳の記載方法から指導します。 ・どのように給与計算すればいいのか等お気軽に相談して下さい。 (源泉所得税の具体的計算方法は源泉所得税

社会保険・労働保険手続サポート

@手続サポート

・社会保険に加入したい 事前にどのくらいの健康保険料・厚生年金保険料なのかを知っておきたい。 ・社会保険の被扶養者の対象基準を教えて欲しい等 お気軽に相談して下さい ・社会保険・労働保険業務は職務範囲外ですが出来る範囲で対応致します。 ・従業員を採用すれば社会保険・労働保険の加入が義務付けられています。 法人役員のみの場合でも 報酬を支払っていれば社会保険の加入は義務付けられています。 ・必要あれば当所グループ提携しております 社会保険労務士の大谷先生をご紹介致します。 社会保険新規適用業務31,500円、労働保険新規適用業務31,500円 (ともに加入者5名以内)

起業・独立開業・会社設立支援サポート

@個人事業者が青色申告者となった場合の帳簿の作成・領収書や請求書の保存管理の指導

(青色申告の65万円控除の適用要件を満たしているかの確認又は ご提案をさせていただきます)

A会社設立をすると、個人事業と違った税務会計手続きが必要となってきます。

・税務署・府税事務所・市役所への設立の届出 ※法人設立届出書類一覧 ・源泉所得税の納付はどのようにいつするのか ※源泉所得税の納付 ・役員報酬をいくらにするのか 18年度税制改正で要件を満たす場合には オーナー役員給与の給与所得控除相当部分を法人所得に 加算されることとなりました。 ※実質的な一人会社におけるオーナー役員給与の 給与所得控除相当額の損金不算入制度 給与所得控除が損金になるための役員報酬をいくらにすればいいのか 事前に決めておく必要がありますね。 ・交際費の課税の範囲が明確となり個人事業と違う点です。 交際費の内容により「勘定科目」の設定を指導致します。 18年度税制改正 交際費の課税の範囲の明確化について

B会社設立は当所グループ提携しております株式会社法務税務の窓口をご紹介致します。

税務相談

どんな些細な事でもお気軽にご相談下さい。
親切・丁寧をモットーとしております。

@日常の仕事上での疑問・質問はお気軽に税務相談して下さい。

A個人から法人化する場合の疑問点をお気軽に税務相談して下さい。

B法人設立前の諸費用はどのようになるのかお気軽に税務相談して下さい。

C消費税についてお気軽に税務相談して下さい。

例えば ・輸出販売をする事業者が国内での商品の仕入・諸経費を還付してもらうには どうすればいいか ・消費税の課税事業者である個人事業者が、 資本金1千万円未満の法人を設立すれば消費税が2年間は免税になります。

D贈与税・相続税についてお気軽に税務相談して下さい。